テレビドラマやドキュメンタリーなどでたまに風俗店がクローズアップされることがありますが、そういう時は大体

「怖い人や半グレが裏で動いている」

「違法なお店で警察が突入する」

「怪しい雰囲気が漂っている」

みたいなイメージで映されがちです。

長年メディアでそうした紹介のされかたをしているせいで

「風俗店業界=怖い・怪しい」というレッテルを張られるようになりました。

しかし近年の風俗業界に対してこの考え方を持っている人は、はっきり言って古いです!

今回は風俗業界に対してよく上がる不安の声について、解説していきたいと思います。

風俗業界やお店に対する不安
一番不安に思うのはこれが多いです。

冒頭でも触れましたが怖い人たちが運営しているイメージが強い風俗店は、どうしても怪しいと感じてしまう人が大多数を占めます。

既に風俗店で働いたことのある人であれば分かると思いますが

お店の雰囲気は…めっちゃ普通です(笑)

ヤ〇ザの様な人が動いている店や違法なお店はほとんどありません。

ないとは言えれないのが悲しいですが、
そういったタイプのお店は短いスパンで名前を変更したりします。
長く続けていっているお店は安心できると言えるでしょう。

 

その理由は風俗店に関わる取り締まりが厳しくなったことに関係しています。

風俗営業の取り締まり強化
2000年後半辺りからJKビジネスというものが流行ったことを覚えているでしょうか?

現役の女子高生を雇ってカフェやリフレクソロジーなどを展開し、一大ブームを巻き起こした業種。

女子高生というブランドを駆使して、多くの経営者がこのJKビジネスに手を出しました。

しかしながらその裏では過激なオプションや売春の温床となっている店も多く、これを問題視した警察は少年法や児童福祉法に違反するとして取り締まりの強化を始めました。

このJKビジネスの取り締まり強化を皮切りに、風俗店の営業に対する取り締まりが厳しくなっていったのです。

特にオリンピックの開催が決まった近年はより一層厳しくなりました。

徹底された取り締まりによって違法風俗店のほとんどが摘発されたのです。

そしてその厳しい監視の目は今もなお続いています。

つまり、違法な風俗店は新しく出店することすら不可能な状態なのです。

風俗店は警察の許可や届け出が必要

そもそも風俗店を出店するためには警察の許可や届け出が必要になります。

「風俗営業許可証」や「風俗営業届出書」と呼ばれるもので、これがないことには営業することができません。

風営法によってチラシ配りや電柱などに広告を張る行為は禁止されており、デリバリーヘルスなどの風俗店が宣伝できるのはネットのみになりました。

そして風俗店を紹介している大手のサイトの全てが、この「風俗営業許可証」か「風俗営業届け出書」の提示がない限り、お店との契約をしません。

つまり警察に許可か届け出をしていなければお店の宣伝すらさせてもらえないということになります。

これを参考にすれば

「広告サイトに掲載されている風俗店は基本的に全て警察から許可を得ている、届け出を行ってるお店」

ということになります。

もちろん届け出も簡単に取れるものではありません。

代表者が反社会的勢力(暴力団など)ではないか、店舗としてきちんと条件を満たしているかなど、とにかくクリアしなければならない項目がたくさんあるのです。

このような理由から、近年の風俗店には違法なものやヤ〇ザ系の人たちが運営している様なお店はほとんどなくなったと言えます。

業務内容や働き方に関する不安
よく耳にするのは

「求人の内容の待遇と全く違う」
「一度入ったら辞めさせてもらえないんじゃないか」
「個人情報を悪用されるのではないか」
「理不尽な罰金などがあるのではないか」
「長時間労働を課せられる」
という業務内容を始めとする入社した後のことです。

ここではそれぞれの内容について解説していきます。

①求人の内容の待遇と全く違う

これは一般の求人でも良くあることかもしれません。
とにかく求人の応募を増やすには待遇を厚くすれば求職者の目には止まります。
当社で書いている求人項目はウソはないのでご安心ください!(笑)

②従業員が怖そう

これは実は私も思ってました。

顔面強面の見たからにやばい人がいるんだろうなぁとか思ってました。

これはお店によっては差はありますが、当社では普通の人ばかりです。

③個人情報の悪用が心配

上記でも触れましたが、風俗店は警察の認可を受けて営業しています。

そのため個人情報を悪用することを始めとして、働く女性に被害を与える様なことは一切できません。

何十年もの懲役を食らうことを覚悟しなければならない等、お店側のデメリットが多すぎることから個人情報を悪用する様なお店はまず無いと言えるでしょう。

④理不尽な罰金があると聞いたことがある

悪質なお店などでは、売上のノルマを課して達成できなければ罰金…なんていう所もありました。

この様な理不尽な罰金を繰り返すお店は基本的に違法風俗店であり、先程触れたようにこうしたお店はほぼ全て沙汰されました。

近年の風俗店には、こうした罰金制度のあるお店は非常に稀です。

ルールが厳しく罰金が多かったソープランドですら、最近はほとんどのお店でこの制度が除外されています。

⑤長時間労働を課せられる

これはあるあるですね。風俗店だけではなく属に言うブラック企業と同じですね。

風俗店というのは基本的に営業時間は朝から深夜まで、お店によっては24時間営業なんてお店もあるほどです。

これはお店によって違うので、応募時は必ず聞いたほうが良いと思います。

当店は系列店舗も合わせても、9:00~翌3:00までの営業となります。

約8時間の3交代制が基本となります。

 

まとめ

今回は風俗業界が怖い・怪しいというイメージを持っている人のために、それが古い考えであるとされる理由について解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

この業界で働こうと思っている方に今回の記事の内容を簡単にまとめると

  • ポータルサイトなどに載っている風俗店は警察の届け出を貰っている所しかない
  • 暴力団などが関係している店はほぼない
  • お店は自由に辞められる
  • 個人情報を悪用されることはありません
  • 理不尽な罰金を取る所はあまりない
  • 営業時間によっては長時間勤務はあるので、聞いたほうが良い

風俗業界にグレーなイメージを持っていた方に少しでもイメージが良くなれば嬉しいです(^^)/

今や風俗業界は一大産業として認知され始めています。

「風俗業界=怖い」という古い考えは辞めて、ぜひチャレンジしてみませんか?

あなたの人生はこのお問い合わせで変わる!!

日曜日以外は24時間以内に返信いたします。
些細な事でも気になる事があれば何でもお気軽にご相談ください。

あなたからのお問い合わせ・応募をお待ちしています!!

求人担当:伊藤

おすすめの記事