風俗業界は一般的な企業に比べると昇給や役職に仕事の結果が反映されやすく、昇進しやすい業界です。

同じ年代で同じ時期に入社したとしても、風俗系の会社へ入社した人の方が年収が多い傾向にあるのです。

実力や成果を評価して貰える職場環境ってすごく大事ですよね。

しかし、そんな風俗業界でも昇進できるタイプの方とできないタイプの方で別れるんです。

今回はその二つのタイプについて解説していきたいと思います!

昇進できるタイプの人

まずご紹介させてもらうのは風俗業界で昇進・成功できるタイプの人についてです。

実力を評価されやすい風俗業界ではどの様な人材が昇進しやすいのでしょうか?

風俗という仕事に真剣に向き合える

昇進しやすい人が共通している点は「風俗という仕事に真剣に向き合えるか」ということです。

今や風俗というサービス産業は市場1兆円を超える大規模なマーケットになっています。

しかしその一方でまだまだ世間的に「危ない」「怪しい」などのレッテルを張られているのも事実です。

そんな中で「どうせ風俗だから」という気持ちを持たず、一つの立派な仕事として向き合えている人は、早い段階で仕事で結果を残して昇進します。

世間の目ではなく、今自分がやるべきこと・できることを意識して仕事をすることで成功を収めることができるのです。

どんな仕事でも真剣に取り組まなければ結果は得られません!

成功したい!という野心がある

風俗業界は仕事の実力がしっかりと反映されるため、人からの指示を待つのではなく自ら動ける人間が重宝される傾向にあります。

言い換えれば「自分は成功したい!」という野心がある人が昇進しやすいとも言えるでしょう。

大半の企業では1人の社員が頑張ったところで、その部署や課の部長や課長の評価が上がるだけであり会社から直接自分の評価が上がる訳ではありません。

むしろ1人の突出した行動は煙たがられることだってあるんです。

その反面この業界では、やる気や野心に満ちた人こそ評価されます。

仕事に全力を出せる人間は実力も認められやすく昇進しやすいのです。

同僚や先輩、上司と協力できる

昇進するためには個人の実力ももちろん大切ですが、周りと協力できる協調性も大切になります。

ただしここで言う協調性というのは

「周りに合わせて行動する」「横並びになりなさい」ということではありません。

困っている人がいれば一緒に手伝える気概を持ったり、自分一人ではどうにもならないことに対して助けを求められる素直さを持つということです。

本来「協調性」というのはこうした「お互いの力を認め合って助け合う力」のことを指しますが

現代の日本では「みんなに合わせる事」という間違った解釈がなされています。

正しい協調性を身に着けることができれば周りからの信頼されやすくなりますし、協力を仰ぐことができる様になります。

昇進すれば周りからの信頼の厚さがそのまま評価に直結する様になる訳ですから、協調性のある人間が昇進しやすいというのは自然なことだと言えるでしょう。

どれだけ仕事ができても周りからの信頼がない人には上司は務まりません。
周りとの関係性もしっかり考えましょう

仕事にやりがいを見出せる

自分がやっている仕事に対してやりがいを見出せる人は、仕事に積極的になれるため昇進しやすい傾向にあります。

「やりがい」なんて言葉を聞くと、なんだか大げさに聞こえたり面倒くさそうに聞こえるかもしれませんが、

実際はそんな大層なものでもないんです(笑)

例えば…

  • 電話でお客様からオーダーをとれた
  • 働いている女性の愚痴を聞いてあげたらお礼を言われた
  • メルマガの文章を書いて送ったら1人お客様がオーダーしてきた
  • 売上が前月よりも〇%増えた

などがあります。

これらを見てわかる様に仕事のやりがいというのは人によって違いますし、その規模だって人それぞれです。

やりがいなんてものは「少し自分の気分が良くなる程度」のモノで構いません。

でもこれがあるのとないのとでは、仕事に対するモチベーションが大きく変わってきます。

小さなことでもやりがいを感じている人は仕事に結果が出やすくなるものなのです。

昇進できないタイプの人

それでは次に昇進・成功できないタイプの人の特徴について解説していきたいと思います。

現状維持だけが目的

  • 今の環境を変えたくない
  • 責任のある仕事はしたくない
  • とにかくこのまま平穏に仕事をしていたい

この様な「現状維持」を望むタイプの人は風俗業界で昇進・成功はできない傾向にあります。

ただ、本人が昇進を望んでいないのであれば無理に上を目指す必要はありません。

むしろこういった方は昇進を望むタイプの人を陰から支えられる「縁の下の力持ち」としての才能があります。

上を支えられる人がいるからこそ会社というのは成り立っているものなので、現状維持を目的とする人も決して悪い選択ではないのです。

信頼できる支えだからこそ、上は安心して仕事を任せて別の仕事に打ち込めるんです!

他人と協力しようとしない

人の仕事は手伝わない、自分が辛い時にも人に声を掛けない、という人は信頼を失いやすいです。

自分にできないことを人に頼らず自分でやって、結果的に周りに迷惑を掛けてしまうなら初めから誰かに助けを求めた方が良いのは明らかです。

自分で責任をもってやり遂げようとするのは良いことではありますが、仕事では結果が重要視されます。

周りと協力して仕事が出来ず、結果が悪くなる人は会社的にも信頼を置くことができないのです。

仕事にしっかり向き合えない

「どうせ風俗だから」

と仕事に対して甘くみている、真剣に向き合えない人間に昇進・成功することは難しいです。

これは風俗に限らずどんな仕事にでも言えることですが、やはり仕事を「嫌なこと」だと考えている限りは積極的に向き合えません。

仕事を「賃金を得るための手段」として考えることは決して悪いことではありません。

しかし仕事のモチベーションを賃金だけで保つのは限界があることが、近年の脳科学の研究でも明らかになっています。

仕事に対して真剣に向き合えるか否かが、昇進・成功の分かれ目となるのは間違いないでしょう。

まとめ

今回は風俗業界で昇進ができるタイプとできないタイプについて解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

本記事の内容を簡単にまとめると

  • 上を目指したいという気持ちがあるか
  • 仕事にやりがいを見出せるか
  • 他人と協力できるか
  • 風俗という仕事に真剣に向き合えるか否か

ということになります。

風俗業界への転職、就職を考えているなら、ぜひ本記事をしっかり読み込んでみてくださいね!

あなたの人生はこのお問い合わせで変わる!!

日曜日以外は24時間以内に返信いたします。
些細な事でも気になる事があれば何でもお気軽にご相談ください。

あなたからのお問い合わせ・応募をお待ちしています!!

求人担当:伊藤

おすすめの記事